FC2ブログ

「奮闘と健闘」

日中は天気が良かったのですが午後から小雨交じりの日でした。
皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は自宅の片付けをしておりました。
まだまだ続きます。

季節は秋になり、過ごし易くなってまいりましたが、紅葉などの行楽シーズンで外出する機会が増えるのではないでしょうか?

やちだもの各事業所でも、色んな企画を考えていると思いますが、無理のない計画を立ててください。

週明けの火曜日から、新しい体制になる事業所もあると思います。

配属替えで新しい職場に行かれる方、新しい職員さんを迎える方、なんやかんやと「根拠の無い事前情報」や「誰かの受け売りの先入観」に振り回されず、大人の対応をお願いします。

10月も月半ばに差し掛かり、各拠点の「奮闘と健闘」に感謝しております。

下半期は入居系、宿泊系のサービスが忙しくなりますが、逆に通所系はますます厳しくなっていきます。

どなた様も体調には充分気を付けられまして、お元気でお過ごし願います。

月末からは長期(?)3週間ほどの出張で、やちだもを不在にする予定となっておりますが、くれぐれも留守をお願いします。

まぁ出張まではあと1週間あるわけですから、今のうちにやれることはやっておこうと思っておりますが…。

さぁ…次の時代がすぐそこです。
制度もニーズも少しずつ少しずつ変わってきています。
次のやちだもに求められるのは何だ?

「新しい感性」で「新しい時代」を切り拓いていこうじゃない。

きっと「未来」は「現在の延長である」と同時に「現在の延長ではない」

たぶん…いつだって「そんな矛盾」を抱えながら時間は流れてきたのだと思うのです。

柔らかく行こう。
しなやかに行こう。
きっと未来はあなたの手の中にある。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

「長いお付き合い」

穏やかな日でしたが、皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は朝イチからハウスクリーニングに出向いておりました。

色んな事情を抱えながらオーダーしていただくクライアントの皆さま…「自宅の清掃」には「その人なり」が色濃く現れるものです。

作業終わりの談笑中に「ここより良いところ(暮らす場所)は無い」とおっしゃっておりました。

やちだもで暮らすご入居者様にも「それぞれの自宅」があって、きっと「そこより良いところ」はないのではないか?って思うのです。

ただ、自宅で暮らすことが大変になったり、周りが心配したりして、やちだもにお住まいになっているのではないかと思います。

もしかしたら今後、僕らの親世代が要支援、要介護の認定を受けて、やちだもで暮らすことが現実的にあるかもしれません。

そんな時は迷わず相談したらいい。

会社の同僚に相談したり、会社のサービスを利用するのに気を使うかもしれませんが、やちだもならきっと大丈夫。

今後、介護の担い手が少なくなっていくと、「ハコモノ」としての老人ホームが増えたとしてもサービスがままならず、入居出来るかはわかりません。

資金が充分に足りていても「知人の紹介」みたいな「コネクション」が無いと入居出来なくなるかもしれません。

「在宅ケア」「地域包括ケア」と叫ばれてはおりますが、要するに「ケアを自己責任で…」ってな話しでもあります。

たぶん、受け入れる側だって「イチゲンサン」より「ジョウレンサン」です。

だからこそ「元気な頃からのお付き合い」が必要なわけでして、ゆくゆくは入居系の施設を持っている事業者とつながっていた方が得策と言えましょう。

やちだもが様々な介護サービスのラインナップを用意しているのは、元気な頃からの「長いお付き合い」をさせていただきたいからです。

もちろん「困った時でいい」という判断もアリかとは思いますが、その時になってフィットするサービスや事業者に巡り会えるかは不透明です。

社会資源が増えていっても、中身が伴わないってことだってあるわけでして、早くから情報を集めているに越したことはないかなぁ。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。

「等身大の僕ら」

全国的に穏やかな週末になるそうですが、皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は朝イチから北上のやちだもに向かいまして、午前中は来週予定されている情報公表ヒアリングの書類など整理しておりました。

介護事業者へはすこぶる評判の良くないこの制度…サービスを利用するご本人様やご家族様が、適切にサービスを選択するため「様々な事業者の情報を得られるように…」という建て前なのですが、そもそもその情報がどこにあるのか?が不明瞭ではないかな?

職員の皆さんも、その情報がどこで公表されているか知っているかな?

現状の介護保険のサービスって、ケアマネさんがプラン(居宅サービス計画)を作ってくれまして、その際に、ご本人様やご家族様のニーズに合致したサービスを提供する事業者をチョイスして提案するわけですが、クライアントの皆さまは、そもそもどんな事業者があって、どんなサービス内容で…みたいな情報は、付き合いの無い方々は知り得ないわけです。

蛇足ですが、介護保険のプランは自分で作っても良いのですよ。(マイケアプランというそうです)

介護業界の人なら、自分で自分のケアプランを立てて、自分の気に入った事業所を使う時代になるだろうなぁ。

ただ、事業者との折衝や保険の単位やら制度の運用に関して、専門家に任せた方が効率も良いので、大概はケアマネさんにお願いしているって現状。
「ケアマネありき」じゃないのですよ。

介護サービス事業者が少なかった時代にはこの情報公表制度…手間暇かけてヒアリング出来たのでしょうが、今では全事業所を回り切れずに、3年に一度のサイクルになっているのではなかったかな?
毎年、書類(ウェブ情報)で公表される情報の報告はしてますがね。

いつも「どんな意味があるのだろう?」と考えながら対応してきたっけなぁ。

ヒアリングそのものは、必要以上に背伸びすることはありません。
「等身大の僕ら」で良いのです。

対して「実地指導」や「指導監査」となったら厳密に書類などチェックしないとね。

大概にして「やっているのに記録がない」なんてことが往々にしてありますが「記録がない」ってのは証明出来ないから「やってない」ってことと同列に扱われてしまいます。

ちゃんとやっている皆さんの足跡を、ちゃんと記録に残しておいてください。

それが「次世代へのバトン」になるわけですから。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。

「その逆」を…

夜になって細かい雨が降っておりますが、皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は朝イチから山岸のやちだもで居宅会議。
色んなことがあった居宅介護支援事業所ではありますが、再スタートを切った感じですかね。切り替えてまいりましょう。

午後からは本社で業者さんからコスト削減提案のプレゼンを受けて、しばし検討。

電気、水道、通信…色んな削減手法があるのですが、介護報酬がマイナスのトレンドの中、賢明な選択をしていかないとなぁ。

やちだも各拠点においては、職員の皆さんの気遣いで「つつがない毎日」が流れております。

明日は朝イチから北上に向かう予定です。

寒さに向かうこの季節、体調管理には充分留意してまいりましょう。

先日ネットの情報か何かで見付けたのですが…「他人の悪口はウソでも面白い。自分の悪口は本当でも腹ただしい」という台詞がありました。
どちらかのお寺さんの掲示板だった気がします。(ハッキリ覚えておらずスミマセン)
「悪口」だったかな?「陰口」だったかな?

いずれにせよ、感情渦巻く人間社会で、お互いに気持ちの良いものではありませんね。

逆に「賞賛」なんかは、遠くから聞こえてくると嬉しいものです。

100%悪人もいなけりゃ100%善人もいないのだと思っていれば、アレコレと振り回されることもないのかもしれません。

大事なことは「自分で確認すること」かなぁ。

人間関係でお悩みの方、陰口を言っていたら、いつまでも改善されないよ。きっと。

「その逆」を実践すればいいのじゃないかなぁ。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。

「迷ったら現場」

少し雨が降ってきたりしてるかな?
皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は午前中、本社で業務推進会議。
全社的な事業の進捗状況を把握する会議です。
通年を通して凸凹するやちだもの各種事業は、良い時もあればそうじゃない時もある。

松下幸之助翁がおっしゃるには「雨もまた良し」…「今しか出来ないこと」を探して粛々と取り組むのだよなぁ。

明らかに流れが変わってきている介護保険制度下において、今までの発想は通じなくなっております。

介護事業から撤退したり、業態転換する事業者もチラホラ見受けられるようになりました。(全社のM&A案件を眺めて…)

新しい切り口のサービスを創り出さないと…と思いながら、アチコチにアイディアを探す今日この頃です。

そうだ…「迷ったら現場」だった。

午後からは初めて声掛けさせてもらったデイサービスの「新規プロジェクト会議」

最初だったので、まずは介護保険制度における「通所介護事業の制度的流れ」と、やちだもにおける(開設当初からの)通所介護事業の流れを確認して、現況を把握するに留まったかなぁ。

前回の訪看のプロジェクト会議みたいに「落とし所」や「方向性」がないままスタートしたわけですが、基本的な考え方を確認していただけたかな?

イタズラに「殻を打ち破って…」というわけではありませんが、どうしてか「既存の仕組み」から脱却出来ないキライがあります。自由に発想しようよ。
「出来る出来ない」はその次です。
「考えること」を止めたらダメだと思うのです。

自分の頭で考えて、自分の言葉で表現して、自分で動いてみても…大概は伝わらなかったり、理解されなかったりするものだけど「ソンナモン」

でもね…「誰かは見ていてくれている」

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード