「桜」雑感

「桜」の花が一気に咲き乱れております。
盛岡にもちゃんと春が来ました。

学生時代の教科書か何かだったでしょうか…『桜の「一気に咲いて一気に散りゆく潔さ」が、日本人の気質にあっている…』みたいな文章がありました。

僕が「桜」で思い出すのは何故かインド。
インドに行った時、インド人ガイドさんに聞かれたんです…「日本の鳥と花は何ですか?」と。
「鶴と桜かな…」と曖昧に答えた連れと僕…。
ガイドさんは得意げに「違います。鳥はキジです。花は菊です。」…続けて「日本人は自分の国のことをよくわかってない人が多いです」と。

「確かに…」

「故郷は遠きにありて思うもの」なら「祖国は外国に来て思うもの」なのでしょうか。

だから「桜」を見ると、いつも思うんです…
「知っているつもりになって間違えていないか」
「知らないってことを知らないんじゃないか」って…。

僕らには知らないことが沢山ある。
僕らには勉強しなきゃならないことが山程ある。

嬉しいね。
楽しいね。

神様が(いるとすれば)人間をどこまでも未完成に作ってくれたおかげで、僕らはいつまでも学び続けられる。

咲き乱れる「桜」が「頑張れ」って言ってくれているみたいに感じるんです。

さぁ新しい明日が来ます。
皆さまの「つつがない毎日」をお祈りいたしております。
スポンサーサイト
プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード