「同じ24時間」

なぜだかどこか希薄な「年の瀬感」

ここ数年は、全てから開放された年末年始を忘れています。

「今年こそは…」と毎年言いながら、今年こそは読書三昧の年末年始にしたいものです。

新しいプロジェクトを抱えていると常に追い込まれたように眠りが浅くなるのにも少しは慣れたか…いや、やっぱり慣れないなぁ。

いつでも心配です。

ありがたいのはやちだもの加賀野も青山駅前も職員の皆さんがいてくれること。

ちゃんとご利用者様と向き合ってくれていること。

皆さんの挨拶や声がけが、どんなにご利用者様を励ましていることか…。

「あなたが大切です」

「何も出来ないかもしれないけど僕で良かったら何でも話してください」

言葉に出して伝えよう。

来年の方向性は僕自身は見つかっていますが、皆さんも「自分の未来」をイメージ出来ていますか?

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、元旦に「さてどうしよう…」と考えていてはすぐ過ぎてしまいます。

だって元旦も「同じ24時間」なのだから…。

未来をイメージするためには、今日までを客観的に振り返ることが必要です。

「明日」は「今日」の向こうにあって「今日」は「昨日」の先にあったのだから…。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト
プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード