慌ただしさの中にこそ

今日は慌ただしさの中にも実り多い1日だった気がしています。

午後から盛岡市の介護行政の担当者様と面談。
アポイントをとって資料も事前にお渡ししての協議(?)でした。

テーマは「介護人財確保」と「第6期介護保険計画」について。

いつもながら夢が溢れて、ついつい長くなってしまいました。

やちだもには長期のビジョンがあるのです。

盛岡と北上に「安心を降らせる」のです。

加賀野のおばあちゃんたちがひ孫くらいの子どもたちに送る「穏やかで柔らかな眼差し」を街中に降らせるのです。

夜は青山駅前で職員研修。

今流行りの「地域包括ケア拠点」として、自信を持って取り組んでいきたいとお話しさせていただきました。

やちだもの未来が少しでも伝わったならいいなぁ…。

青山のやちだもには、市内でも類を見ないモデルケースになりうるケアストーリーがあります。

デイサービスから小規模へ。そしてショートステイから入居へ。

ご利用者様とご家族様のニーズに合わせてサービスを敷地内で移行できる仕組みです。

職員の皆さんの真剣な眼差しが本当に嬉しかったです。

「慌ただしさの中にこそ」洗練された「伝えたいこと」があるのかも…。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト
プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード