どこで誰と働く?

国が今年7月に示した介護人材確保の考え方を、ひと通り読んでおりました。

介護に限らず、どこの業界でもなかなか人財確保が難しい昨今ですが…やちだもは「人材」を「人財」と書きます。

人口減少社会に入り、出生率と生産年齢人口が減ることで高齢化がいっそう進むわけですが、ひとりひとりの担う未来への責任も重くなっていくわけです。

やちだもでは盛岡市が実施していた頃から「介護雇用プログラム」を受託し、毎年数名の介護職員さんが誕生し活躍しています。

人口がある市町村はまだいい方で、過疎化が進む自治体においてはさらに深刻のようです。

これからきっと予想されるのは…まず業界内での職員の引っ張り合い、そして次は業界をまたいでの引っ張り合い…より良い条件を求めて民族大移動…その時今の職場に留まる付加価値が見出だせるのか?

「やりがい」とか「自己有用感」とか「自己効力感」とか…。

「どこで稼いでも一緒」…じゃあないんです。


明日は介護職員養成講座です。

この仕事をどれだけ魅力的に伝えられるか…やや不安な今夜も、皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト
プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード