「いつだって自由」

介護保険報酬の改定からあっという間の2ヶ月が経ち…5月の最終日です。

わずか2ヶ月の中、新体制移行の慌ただしさに翻弄されながら、さらに新しい提案にチャレンジするやちだもは、ご利用者様の笑顔を支える職員の皆さんの気遣いで成り立っています。

何だかんだと走り回っている毎日ですが、明らかに守備範囲が広がり、課題も山積しております。

それでも「明日は明るい日」と、色んなものを鼓舞しながら来たけれど、さすがに簡単なもんじゃないなぁ。

「どうしてか?」と原因を追求すればするほど虚しくなるのは、それが「与件」の中にあるからなのかな?

6月が始まりますね。

今年は「梅雨」とかどうなんだろう?

「夏」ってどうなるんだろう?

春先の「慌ただし感」とはまた違う感覚です。

徐々に埋まってゆくスケジュールは、ある意味「軽いプレッシャー」でもあるわけでして…それは「ゴールから逆算した今」という明確な意識が足りていないから…ってこと。

思考の中において僕らは「いつだって自由」でいられる。

目を閉じて、深呼吸して、静かに考えて…皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト
プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード