「両義性」の話し

はっきりしない天気の一日でしたが、皆さんいかがだったでしょうか?

今日の午前中は、北上でやちだもの「施設長等会議」が開催されました。

春先の低迷を挽回するに値する「各拠点の頑張り」がありがたいです。


例えば若い時分には…
「何でも通す矛(刀)」と「何でも止める盾」があったらいいなぁ…と思っていた頃もありました。

今ではこのふたつを持つことは「苦しみなのだ」と知っているはずなのに…相変わらず両方を欲しがっていたりして…思わず笑っちゃう。

幼い時分に教えられた…「嘘をつかないこと」
「人を傷付けないこと」

そりゃどちらも正しいのだろうけど…「本当の事を言うと人が傷付く」って時はどうしたら良い?

「吾唯足知」って誰かが言えば…「満足は成長の敵」みたいに言う人もいる。

こういう「相反する概念」を「両義性」と呼ぶらしい。

結局「どちらか」を選ばざるをえない僕らは…どちらを選んでも「後悔」や「疑念」や「批判」が付きまとう。

だから…「覚悟を決めて選んだ一方」がきっと「その人らしさ」であり「自分らしさ」なのだろうなぁ。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード