「それぞれの基準」

小雨散らつく盛岡の夜です。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

9月に入ってめっきり秋めいてまいりましたが、上半期最後の月、まだまだ落ち着かない感じかな?

「正しいは楽しい」っていつも言ってきたけど、時と場合によっては「苦しい」や「寂しい」ってこともある。

例えば「伝わらない時」とか「わかってもらえない時」とか。

そもそも「正しい」って概念が曖昧だったりするから、その「基準」や「根拠」をしっかり持ってないとね。

そうすると、あとは「信じる」とか「願う」とか、随分と頼りない感情に身を委ねることになる。
頼りない感情だから心細くもなる。

でもいいんだ。
「信じる道を歩むこと」が「生きること」なのだろうから…。
誰かに伝わってりゃ御の字です。

みんな自分勝手な「それぞれの基準」ってのがあるのだろうから、分かり合えないことだって山ほどあるはず。

そこからのスタートなんだよきっと。

最後まで分かり合えないってことだってあるはず。それはそれ。基準が違うんだよ。

元来、人はどう生きたって良いわけでして、自己責任において今を既定している。

誰かのせいではない。のだよね。

誰かのせいにばかりしていたら、いったいいつ人生は自分のものになるのだ?

「わかってくれない」とか「話しを聞いてくれない」とか…じゃ「わかってもらえる自分」「話しを聞いてもらえる自分」にな
ろう。

バートランド・ラッセルの話しはしたね。
そう「嘘つきのパラドックス」

「噛み合わない」には「噛み合わない理由」があるのです。

さぁ夜が明けりゃ明日が始まる。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード