「掴み所の無さ」

かろうじて日本ではまだ日付が変わっていないのだと思うのですが、書いているうちに日付が変わってしまうのだろうなぁ。
皆さんいかがな一日だったでしょうか?

朝降っていた雨も午前中には上がりまして、今日は訪越の最大の目的である「技能実習生の面接」をしてまいりました。

これから日本語を学ぶ方々の面接でしたが、皆さん口々に来日への夢を語っておられました。

現地送り出し機関のシステムもさまざまありまして、前回のように全員キャンセルなんて事態を防ぎたいと思いつつ、慎重にかつ感覚的に面接してまいりました。

10名面接して2名に内定を出しましたが、出来れば全員日本に来てもらいたいって思いました。

これから日本語を学び、初歩の日本語会話ができるようになってからの来日。
そして2ヶ月間の日本での研修を経てから各実習先へと配属になります。

午後からは日本語研修センターを見学してまいりまして、行き先の決まっている若者たちのパワーを感じてきました。

無事に来日出来ますことを祈っております。

さてさて、やちだもは新体制がスタートした訳ですが、最初は慣れずにギクシャクしていても大丈夫です。きっとすぐに馴染みます。

時折日本から来る連絡は、混迷している内容ばかりではありますが、混沌としたアセアンの「掴み所の無さ」にも似ているのかなぁ。

ひとつ確実に言えるのは「前を向いている」ってこと…最初から「寂しい結果」など想定していない。
思い返せば「いつだって前途多難」だったじゃないか。

自分都合の自分目線ではなく「誰のための何なのか?」を自問自答する日々です。

明日はこちらの老人ホームを視察してから帰国いたします。
今しばらくお時間いただきますことをご了承願います。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード