「会議こそコスト意識」

連休明けの月曜日は皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は朝イチから青山のSS会議に参加しておりました。

在宅を支える難しいサービスのひとつでありますが、要点を押さえたなかなか良い会議だったと思いました。

たまにありがちな…「(紙の)資料がやたら多い会議」とか「焦点がボヤけた会議」とか「何も決まらない会議」とか…。

職場の会議は「業務の流れ」をほぼ止めて、忙しい職員さんたちが一同に会して話し合う「高コスト」な取り組みなわけです。
だから「会議こそコスト意識」なのだと思うのです。

そして会議中にあげられる議題を丁寧に紐解き、ケアの「基本的な考え方」を学ぶ場でもあるのです。

最後はちょっと厳し目にアドバイスしましたが、現場から声が上がらない限り、現場は変わらないのです。

「誰かが変えてくれる」とか…
「会社が変えてくれる」とか…
確かにそういうこともあるけど、基本的には現場から提案があるべきなのです。

その提案が「叶う時」も「そうでない時」もあるわけだけど、メゲずにどんどん提案していただきたいと思います。

それは我が社の「清掃部門」でも「警備部門」でもどこでも同じこと。

ある意味、現場から声が上がらなくなったら「ちゃんと対象を見ているのかな?」と思ってしまいます。

各拠点において会議は定例化していると思います。
貴重な時間を持ち寄っているのだから、実り多い会議にしていってください。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード