FC2ブログ

「本当に大切なモノ」

朝から不安定だった天気は午後になって「安定した曇り空」に変わったって感じでしょうか?
皆さんいかがな一日だったでしょうか?

敬老会シーズンの9月になって、だいぶ過ごし易い季節となってきましたが、体調管理と車の運転には、お互いに充分気を付けてまいりましょう。

「人工知能(AI)」とか…
「コンセプトの時代」とか…
「モチベーション3.0」とか…
「コンテンツの時代」とか…

色んな人が、色んな角度から分析して考えて「現代」そして「未来」を予測しています。

でもきっと「誰も予想も出来ない未来になっているのだろうなぁ」と思うのです。

テレビかなんかの受け売りですが…子どもの「将来なりたい職業」の上位に「ユーチューバー」なんて職業があげられるような昨今です。

「ユーチューバー」って言葉自体も「仕事内容」も、そもそもその「収益構造」さえもよくわからないのですが、人気の職業なんだなぁ。

時代とともに「無くなっていく仕事」もあります。
世の中のニーズが変わっていったり、技術革新で不要になっていく作業とかツールとか…。

先日読んだ本だったかな?…いわゆる「紙幣(お金)」は正式には「日本銀行券」というのですが、つまりは何かと何かを「交換する手段」または「交換するツール」なわけです。

それがお店独自のポイントが付加される「電子マネー」になってきたり、世界中で(まだ一般的ではないかと思いますが)決済が可能な「仮想通貨」(ビットコインとかリスクとかイーサリアムとか…)

手元のスマートフォンで何でも出来る時代になって…例えば「モノを買う」という作業(生活行動)は…「スマホで選んでスマホで決済、翌日には商品が自宅に届く」なんて当たり前になってまいりました。

でも…先日の北海道の台風の災害時、不足した食料を求めると同時に家電量販店に長蛇の列だったそうです。

目的は「モバイルバッテリー」だったそうですが、人々の生活が便利になっていくのと反比例して「電気が無いと何も出来ない」というリスクが上がっていくわけだよなぁ。

震災の時もそうでしたが、確かに電気は比較的早くに復旧されますが、たかが数日だったとしても、電気が無いとやっぱり不便を感じます。水はもっとか。

先程の話題に戻りますが例えば「紙幣」や「硬貨」が「電気マネー」や「仮想通貨」に取って変わり「通貨」の概念が一変したとしたら、停電時に「決済手段を失う」ってことになる。
それって…便利なのか?不便なのか?

いずれ「本当に大切なモノ」しか残らないのだろうなぁ。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード