FC2ブログ

山岸敬老会雑感 2018

三連休明けの今日は皆さんいかがな一日だったでしょうか?

いよいよ今日から、山岸のやちだもを皮切りに敬老会週間が始まりました。

「老保一体型ケア」を標榜する山岸のやちだもは、保育園の子どもたちも余興に登場して…ホッコリした会だったと感じました。

そして今年の山岸敬老会は、ご家族様にお声掛けさせて頂きまして、ご都合のあった数組のご家族様にお運びいただきました。
皆さん笑顔で…ありがとうございます。

会自体は…ボランティアさんの余興の時の音響が今ひとつ上手くいかなくて「間延びした感じ」があったことがちょっと残念でしたが、ご参加いただいた皆さまの「暖かい眼差し」に救われたかなぁ。

少し「準備不足」と言うか「打ち合わせ不足」がチラついていたのは反省点です。

それでも一生懸命に会を盛り上げようとしてくれている気遣いは伝わってきました。
業務多忙な中での準備から実施まで本当にご苦労でした。


アレコレと…ゆっくりと時代が流れていく感じです。色んなことが変わるのだなぁ。

前に書き込んだかもしれないけれど「どうしようもない事って、どうだっていい事に似てないか?」なんて「ツヨガリ」を言いながら落とし所を探してみたりして。

「月日は百代の過客にして往き交う年もまた旅人なり」とは松尾芭蕉翁。
たまたまやちだもで出逢った仲じゃない。

「白川の関にかかりて旅心定まりぬ」

さぁ皆さんそれぞれ上手に「白川の関」を越えてください。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード