FC2ブログ

「多機能」という概念

三連休の最終日は崩れる予報だったのですが、逆に過ごし易い日でした。
皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は自宅の片付けを粛々としておりました。
祝祭日は清掃工場が開いているので、可燃ゴミを持ち込めます。
地域の集積所に週2回小分けして出すことも出来るのですが、一度にたくさんのゴミを出せるので、経費はかかりますが作業がはかどります。

「分別」や「整理」に時間がかかる分「処理」そのものにはあまり時間をかけたくないものです。


さぁ…いよいよ今週は北上とつつじが丘で敬老会が開催されます。
まだまだ緊張は続きますが丁寧に実施してまいりましょう。

さてさて…やちだもでも運営している「小規模多機能型居宅介護事業所」ですが、介護保険に盛り込まれたのは平成18年度改定の時でしたか?(うろ覚えですが…)

この小規模多機能の制度化には先行実践がありまして、当時は「地域共生ホーム」とか「小規模多機能ホーム」とか「宅老所(託老所ではない)」と呼ばれておりました。

当時は「誰でも使える(通える)」地域資源でした。

「誰でも…」とは「高齢者」のみならず「児童」「障がい児(者)」「若者(ニート)」など、バラエティに富んでいました。

つまり「多機能」という概念が「対象者の属性」を指していたわけです。

介護保険に盛り込まれるにあたり「多機能」という概念は「通い」「泊まり」「訪問」そして「ケアマネジメント(計画作成)」という介護サービスのパッケージを意味するところとなりました。

もちろん当時の小規模多機能ホームや宅老所は「対象者の属性」だけでなく「サービスの多様性」も含んでおり、当時は更に「暮らす」までカバーしておりました。

民家を改修してサービス提供していたので、設備基準をクリアするために、縁側まで機能訓練室にするなどの工夫をしたものでした。

明日は外作業を予定しております。
晴れるといいなぁ…。

皆さんの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード