FC2ブログ

「恒常的な同質」

昨日と違って今日は朝から天気の良い日でしたが、皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は、やちだもの北上敬老会でしたが、昨夜からの体調不良で本当に残念ながら欠席となり、申し訳ありませんでした。

受けた報告では、参加なされた皆さんに喜んでもらい、大変良い敬老会だったと聞きました。

お運びいただいた来賓の皆さまにおかれましては、いつもお世話になっております。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

企画から準備から当日役割担当なされた職員の皆さんお疲れ様でした。
ありがとうございました。


さて、外国人の在留資格に関する法律が提案されたと言います。

詳しい内容はまだ調べていないのですが、わが国の将来の労働者人口の減少に対しての政策なのだと思います。

近年ではアメリカの大統領が「移民」に対する規制を強化したり、国境に壁を作るなんて政策を打ち出していたりしています。

これまでも計り知れないメリットやデメリットがあったのだろうと推察されますが、わが国における「外国人在留資格の見直し」は、表現を変えた「移民政策」みたいだなぁと感じます。

個人的にはグローバライゼーションの流れの中で、世界中の人が世界中のどこでも生きていける世の中の方が理想的なのだと思いますが、それぞれが背景に抱える文化や価値観が混ざり合うことにもなります。

歴史的には長らく「鎖国政策」を敷き、単一の言語を使う民族の日本が、それでも「わかり合えない日常」に翻弄されている中で「どこまで変化を受容出来るだろうか?」と、ちょっと心配になったりします。

でも、もしかしてそれは「恒常的な同質」みたいな「安定感」や「安心感」の中で…「わかっているだろう」「普通はこう考えるだろう」みたいな「先入観」や「思い込み」があるから「いびつ」なのかもしれませんね。

元々「背景も文化も違う人」という前提ならば「わかり合う努力」がもっと求められるし、もっと必要だし、もっと自然に出来ていくのだと思うのです。

見方を変えれば「出来ていない現状」を嘆くより「新しい未来への変質」に期待する方が発展的だよなぁ。

国際リニアコライダー(ILC)の誘致活動も盛んですが、もしこの保守的な岩手県に来たら…それはそれは衝撃的だろうなぁ。

日本人同士がいがみ合っている場合じゃないよね。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード