FC2ブログ

「音楽で健康に…」

今日も秋晴れの良い天気でしたが、皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日の午前中は青山で数字を眺めながら「これからのやちだも」を考えておりました。

午後からは某お取引先の主催するセミナーに参加してまいりました。

「音楽で健康に…」みたいなテーマでしたが、やちだもでは各拠点共通のカラオケ機械を取り入れており、そういったご縁で、やちだもの施設長統括から事業の紹介をさせていただきました。

やちだも各拠点に導入しているその機械を活用した健康増進アプローチのデモンストレーションみたいなコーナーもありまして、会場は笑顔いっぱいでした。

プレゼンしていただいた統括さん、参加していただいた職員の皆さんありがとうございました。お疲れ様でした。

もう20年も前になりますが…知的障がい者支援施設で働いていた頃、全国的な盛り上がりを受けて、岩手県でも「音楽療法」という概念が流行ったことがありました。
(きっと今もあると思いますが…)

当時はレクリエーションのひとつとして音楽活動を取り入れ、療法的(セラピー的)に捉える試みだったと思います。
「レクリエーション・セラピー」とか「セラピューティック・レクリエーション」と呼ばれていたかな。(たぶん「視点」や「ねらい」の違いで呼び方が違う)

当時、熱心に活動していた方々は「音楽療法士を国家資格に!」という情熱に溢れていたなぁ。

反面、僕らの音楽活動はレクリエーションの一環としての「バンド活動」みたいなものでしたから、もう少しお気楽な活動だったと回想されます。

ねらいのひとつは「集団の力を使って個人への影響を探る」(「集団力学」とか「グループ・ダイナミクス」とか呼ばれている)ものでしたので…今日のセミナーの中での講師先生のデモンストレーション(セッション)に、当時と似たような「懐かしい感覚」を覚えておりました。

さぁ…参加された皆さんは何を感じましたか?次につながるヒントは掴めましたか?
たぶん色んなアイディアに溢れていたと思うんだなぁ。

もし「まだ閃かない」でいるのだとしたら…あなたを支配している「既成概念」ってやつから一度離れて自由に発想してみよう。
「音楽→笑顔」「笑顔→健康」「健康→介護予防」「健康→QOL」etc…アリだよね。

いつも言ってる…「出来るか?否か?」はその次の話し。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード