FC2ブログ

「その後の対応」

三連休明けの火曜日は皆さんいかがな一日だったでしょうか?

10月に入って新体制になっておりますが、各拠点におきましては色んなことがあるのだと思います。

やちだもは開設以来一貫して「つつがない毎日のご提案」をケア理念に据えておりますが、その「解釈」や「具体的な手法」には間違いなく「認識の違い」が現れてきます。

「自分じゃない誰か」と一緒に働くわけだから「いつも同じ熱量」とはいかないのが現実。

そんな時はやっぱり「コミニュケーション不足」が懸念されるわけですが、時には「譲れない想い」から感情的になってぶつかることだってあるのだと思うのです。

「意見のぶつかり合い」は、それはそれで良くない事ではないと思いますが、要は「その後の対応」

学生時代の話しになりますが…当時の学科長からいただいた「ありがたい話し」を考えて考えた末に断ったことがありました。

「学科長は大変ご立腹だったと思います。たぶん自分はもうダメです」と恩師に報告したら、当時の恩師は「相手に嫌われるのなら仕方ないが、自分から殻を作ることはない」と諭してくださいました。

例えば一度「こじれかけた人間関係」は、修復するのが大変ですが、これからもそれなりに続く関係ならば「それはそれ」って割り切って、その人と「新しい関係(距離感)」を作った方がいいのかもしれません。

業務上の意見の相違は当たり前なわけだから、ぶつかること自体は問題ではなく、その「違いを前提」とした落とし所を見つけていくのが「距離感」なのかもなぁ。

一生懸命やればやるほど、それは起こりやすくなるイメージがありますが、建前上は「同じ目標を持って集まった仕事仲間」なわけですから「指向性の相違」を感じたらあとは「ノルカソルカ」

ぜひひとりひとりが「賢明な選択」をなされますよう。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード