FC2ブログ

「等身大の僕ら」

全国的に穏やかな週末になるそうですが、皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は朝イチから北上のやちだもに向かいまして、午前中は来週予定されている情報公表ヒアリングの書類など整理しておりました。

介護事業者へはすこぶる評判の良くないこの制度…サービスを利用するご本人様やご家族様が、適切にサービスを選択するため「様々な事業者の情報を得られるように…」という建て前なのですが、そもそもその情報がどこにあるのか?が不明瞭ではないかな?

職員の皆さんも、その情報がどこで公表されているか知っているかな?

現状の介護保険のサービスって、ケアマネさんがプラン(居宅サービス計画)を作ってくれまして、その際に、ご本人様やご家族様のニーズに合致したサービスを提供する事業者をチョイスして提案するわけですが、クライアントの皆さまは、そもそもどんな事業者があって、どんなサービス内容で…みたいな情報は、付き合いの無い方々は知り得ないわけです。

蛇足ですが、介護保険のプランは自分で作っても良いのですよ。(マイケアプランというそうです)

介護業界の人なら、自分で自分のケアプランを立てて、自分の気に入った事業所を使う時代になるだろうなぁ。

ただ、事業者との折衝や保険の単位やら制度の運用に関して、専門家に任せた方が効率も良いので、大概はケアマネさんにお願いしているって現状。
「ケアマネありき」じゃないのですよ。

介護サービス事業者が少なかった時代にはこの情報公表制度…手間暇かけてヒアリング出来たのでしょうが、今では全事業所を回り切れずに、3年に一度のサイクルになっているのではなかったかな?
毎年、書類(ウェブ情報)で公表される情報の報告はしてますがね。

いつも「どんな意味があるのだろう?」と考えながら対応してきたっけなぁ。

ヒアリングそのものは、必要以上に背伸びすることはありません。
「等身大の僕ら」で良いのです。

対して「実地指導」や「指導監査」となったら厳密に書類などチェックしないとね。

大概にして「やっているのに記録がない」なんてことが往々にしてありますが「記録がない」ってのは証明出来ないから「やってない」ってことと同列に扱われてしまいます。

ちゃんとやっている皆さんの足跡を、ちゃんと記録に残しておいてください。

それが「次世代へのバトン」になるわけですから。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード