FC2ブログ

「長いお付き合い」

穏やかな日でしたが、皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は朝イチからハウスクリーニングに出向いておりました。

色んな事情を抱えながらオーダーしていただくクライアントの皆さま…「自宅の清掃」には「その人なり」が色濃く現れるものです。

作業終わりの談笑中に「ここより良いところ(暮らす場所)は無い」とおっしゃっておりました。

やちだもで暮らすご入居者様にも「それぞれの自宅」があって、きっと「そこより良いところ」はないのではないか?って思うのです。

ただ、自宅で暮らすことが大変になったり、周りが心配したりして、やちだもにお住まいになっているのではないかと思います。

もしかしたら今後、僕らの親世代が要支援、要介護の認定を受けて、やちだもで暮らすことが現実的にあるかもしれません。

そんな時は迷わず相談したらいい。

会社の同僚に相談したり、会社のサービスを利用するのに気を使うかもしれませんが、やちだもならきっと大丈夫。

今後、介護の担い手が少なくなっていくと、「ハコモノ」としての老人ホームが増えたとしてもサービスがままならず、入居出来るかはわかりません。

資金が充分に足りていても「知人の紹介」みたいな「コネクション」が無いと入居出来なくなるかもしれません。

「在宅ケア」「地域包括ケア」と叫ばれてはおりますが、要するに「ケアを自己責任で…」ってな話しでもあります。

たぶん、受け入れる側だって「イチゲンサン」より「ジョウレンサン」です。

だからこそ「元気な頃からのお付き合い」が必要なわけでして、ゆくゆくは入居系の施設を持っている事業者とつながっていた方が得策と言えましょう。

やちだもが様々な介護サービスのラインナップを用意しているのは、元気な頃からの「長いお付き合い」をさせていただきたいからです。

もちろん「困った時でいい」という判断もアリかとは思いますが、その時になってフィットするサービスや事業者に巡り会えるかは不透明です。

社会資源が増えていっても、中身が伴わないってことだってあるわけでして、早くから情報を集めているに越したことはないかなぁ。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード