FC2ブログ

「慌てないノウハウ」

良い天気の日でしたが、皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日は、朝から予定通り新規のお客様の「お庭の手入れ作業」をしてまいりましたました。

やちだもの介護保険外サービスにもありますが「ライフサポートサービス」とか「生活支援サービス」なんて呼んでおります。

「介護保険サービス」をベースに物事を考えると、対象は必然的に「要支援」「要介護」そして「障がいをお持ちの方」の皆さまに限られるわけですが、保険外サービスであれば対象は「一般の方々」です。

今日の仕事も一般の方がお客様だったわけですが、要介護や要支援の認定を受けていなくても「高齢者特有のニーズ」ってのがあるわけです。

「若い頃」や「まだまだ身体が動くうち」は、それこそ「庭の手入れ」だったり「家事」だったり「ペットのお世話」などを「全部自分で」やれていたのだと思うのです。

それが、ままならなくなってくると「あきらめて放っておく」か「お金を払って誰かに頼む」か…何かしらの形になっていきます。

「サービスを買うこと」は、これまでの人生においても「当たり前の経済活動」として誰もがやってきたわけでして…歳をとると「誰かに頼む割合が増える分」お金がかかってきます。

斎藤ひとり氏が講演会でお話ししておりました…「経済の基本はとてもシンプル。人は歳をとるってこと」

最初に聴いた時は良く意味が通じなかったのですが、今では何となくわかる気がします。

だんだんに、子ども達も成長してお金がかからなくなってきたとしても、自分が歳を重ねることで…「要支援」や「要介護」でなくても、お金がかかるようになってくるのだなぁ。

「高度経済成長期」には「家事の外注化」により、これまで家の中にあった様々な家事仕事が、ほとんど家の外で済むようになりました。

「介護」や「保育」もそのひとつではありますが、社会保障制度上のサービスなので、負担が軽くなっております。

これからは、おひとりおひとりの希望に沿う形の「オーダーメイド・ケア」や「セミオーダー・ケア」なんていう「介護保険外の介護サービス」なんてのが増えていくかもしれないですね。

…そんな時代が到来しても「慌てないノウハウ」ってのを、今から積み重ねておかないとね。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード