FC2ブログ

「ほぼ初めて」

東京はちょうど良い気候で、過ごし易い毎日です。真面目に勉強しております。

皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今回の講習は「建築物衛生法」…憲法第25条を根拠法とした「福祉」や「介護」の兄弟分で、制定が昭和45年だから同級生です。

今日は関連深い「建築基準法」と、最近の建築物に関するトレンドのお話し。

住宅の営業マンだった時代に聞きかじった建築法規は実に25年振りだったので「ほぼ初めて」に近い感覚です。

しかし、やちだもを立て続けに整備してきた中で「知っておけば良かった事」がワンサカ。

メンテナンスって、設計から関わるのがbetterなんだなぁ。

最近のトレンドを聴いていて思ったのですが…「建物内の標準的な温度は…湿度は…照度は…二酸化炭素量は…etc」
もしかしたら近い将来、これら全てAIが自動的に感知し、判断し、制御する時代になるのかなぁ…ってこと。

既に、パソコンに話し掛けるだけで電気やテレビをつけたり消したり出来る現代…
どこまで生活は楽になっていくのだろう?

電気、ガス、水道…生活を支えるインフラの管理も、やがて全てがオートマチックになっていくのだろうか?

そんなことを考えながら…ファシリティ・マネジメント(ビルの総合的な管理や運営・ビル経営)という概念に出会いました。

言葉自体と中身はなんとなく知っておりましたが、まだまだ人間の感覚が必要な概念だと思うのです。

「個別ニーズの分析」などはAmazonでもセブン-イレブンでも前々からやっているのでしょうが、蓄積されたいわゆる「ビッグ-データ」にまだ盛り込まれていない情報…例えば日本文化特有の「わび・さび」とか「あ・うん」の呼吸とか…デジタル化出来ない情報(アナログ情報)は、やっぱり人間じゃないと。

「ケアはお付き合い…つまり距離感」ってことは、開設当初から言い続けています。

この「距離感」って随分と曖昧でアナログだと思うのです。

ご利用者様との「距離感」
ご家族様との「距離感」
同僚との「距離感」
上司との「距離感」
苦手な相手との「距離感」
大好きな相手との「距離感」
地域との「距離感」

どんなスーパーコンピュータだって解析出来ないのだろうなぁ。

明日も講習行ってきます。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード