FC2ブログ

「変革を拒む要因」

盛岡は雨だったみたいですが、皆さんいかがな一日だったでしょうか?

今日も「空気調和設備」に関した講習でしたが、講師先生の「はい…ここアンダーライン」というアドバイスだけが頼りです。
情けなくも…それが現実。

さてさてやちだも、各拠点でのアレコレ、かい摘んで報告届いております。
ありがとうございます。

やちだもを留守にして…「離れてこそ」見えることがあるってことに気付かされております。
決して「近くにいるから見えている」とは限らないのだなぁ。

「誰の為の何なのか?」
仙台で苦しい時期を過ごしていた時代に、いつも自問自答しておりました。

いつからか会社の同僚や上司の顔色ばかりが気になって、目の前のご利用者様を見れていなかった自分に愕然としたりして…。

それなりの職責や立場になると、ご利用者様だけでなく、同僚や会社のことも考えないといけなくなります。

「チームをまとめる」ってことは、言葉に表す程、簡単じゃない。

間違いがちなのは「ルールを曲げること」「気の使い方を勘違いすること」

現実的な問題として一時的にルールを曲げる事もあるかもしれないけれど、それはあくまで「臨時的な対応」であって「本来の在り方」なんかじゃない。

いずれは「戻さなきゃならない事」であったり「何かしらの手立てをしなきゃならない事」であって…それが「現実離れしている事」の「すわりの悪い感覚」が乏しくなるのが恐いのです。

「勇気を出して言ってもどうにもならない」ってあきらめが「変革を拒む要因」のひとつじゃないのかなぁ。

誰かに変えてもらいたいけれど、自分で変えるつもりはない。提案もなければイメージもない。「総論賛成。各論反対」「批判はあれど提案はない」よくある話です。

頑張っても頑張っても評価されない「デフレスパイラル」に陥っているのだとしたら…100回伝えて伝わらなくても、101回目に伝わるかもしれない。

「嘘をついてはいけません」
「人を傷付けてはいけません」
…じゃあ「嘘をつかないと人を傷付けてしまう」って時はどうすりゃいいの?

この葛藤を「両義性(アンビバレント)」って呼ぶのだそうです。

その中で何を選択するか?が「あなたらしさ」「その人らしさ」なのだろうなぁ。

皆さまの「つつがない毎日」を願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やちだもんちゅ

Author:やちだもんちゅ
「やちだもケア」ってのを探して、日々の想いを綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード